健康で長生きできる食べ物

医薬技術が進歩している現在で、長生きすることは困難ではなくなりましたが、いかに健康で長生きするか学ばないといけません。日本は皆さんがご存知の通り長寿大国であります。長寿研究専門家の白澤卓二先生の調査によると、長生きする人は味噌、牛乳、ブロッコリーの三種類の食べ物を食べていることがわかりました。

1.味噌

医学博士の藤田紘一郎先生は、《50歳から始まる炭水化物ぬきレシピ老いないボケない病まない》の書籍の中で、味噌は酵母を使って作られた発酵食品で、幸せホルモンと呼ばれている血清素を合成し、情緒を安定させます。味噌には抗活性酸素効果もあります。50歳以上になると体内で活性酸素が発生しやすくなりますので、普段から味噌汁をよく飲み、体内の活性酸素を抑制しましょう。他にも、研究によると、一日3杯味噌汁を飲むと、豊富な大豆のイソフラボンが乳ガンのリスクを40%減らし、タンパク質が悪いコレステロールも減らします。また脳血栓の形成を予防します。大豆レシチンは肝臓に脂肪が蓄積するのを抑制し、失眠摸改善します。味噌汁を作る時、豆腐やワカメを加えるとよいでしょう。食物繊維を摂ることで、腸の環境もよくなり、デドックス効果や免疫機能も上がり、自然と体が健康になります。鯖の味噌汁には、血液をサラサラにする効果の他に、脳梗塞心筋梗塞の予防にもなります。

2.牛乳

白澤卓二先生によりますと、牛乳には優良なタンパク質、皮膚と細細胞を再生させるビタミンB、骨を作るカルシウム等の豊富な栄養素が含まれています。調査結果によると、100歳の約七割の方たちは、毎日牛乳や乳製品を摂っています。白澤卓二先生は、牛乳を一日200?摂るようにアドバイスしています。運動した30分以内に牛乳を摂ると、筋肉を強化する効果が二倍に上がります。交互ウォーキング運動をお勧めします。方法は簡単です。体が確実に温まったところで、まず3分間速足で歩きます。速さは「フゥ、フゥ、フゥ」と息が出るくらいがいいです。呼吸を整えながら、3分間ゆっくり歩きます。速足とゆっくり歩きを交互に5回繰り返します。30分くらいの運動量になります。最後に深呼吸をし、体を落ち着かせます。《100歳まで元気な人それは、「朝」しだい!》の書籍によると、交互ウォーキングを五か月続けると普通のウォーキングより太ももの筋力が10〜15%、体力も10パーセント増えます。

3.ブロッコリー

《食べて健康に、50種類の健康な食べ物》の書籍の中で、ブロッコリーは多くの栄養素を含んでいる最高の野菜であると言っています。アブラナ科の王様で、ビタミンCがレモンの二倍も含まれています。半分のブロッコリーは、ちょうど成人が一日に必要なビタミンCの量と同じです。豊富なカルシウムと繊維は、骨粗しょう症の予防にもなります。便秘や痔、糖尿病にもいいです。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、腸がん、乳ガン、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん等のがん細胞の成長を抑制する効果もあります。

他にも、ブロッコリーは野菜の中で鉄分を一番含んでおり、ビタミンAも豊富です。粘膜の抵抗力を上げ、風邪や細菌感染の予防にもなります。《我的醫生不開藥》の作者である李?初先生は、ブロッコリーの多くの抗自由基物質は、糖尿病のインシュリン細胞を助けたり、胃の中のピロリ菌を抑制し、胃がんのリスクを下げる効果があります。(早安健康より)