読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

≪移りゆく変化≫

水曜はAbsolute★Rocksのスタジオリハーサル。

仕事がヒマだったこともあり、俺も遅れずに参加することができた。

今回のライブではライオンが抜けたこともあり、大幅なアレンジの変更をしている。

ギター2本から1本になるだけで音の重厚感がなくなってしまうので、演奏陣は各自の負担を少しずつ増やし、それでいて尚且つ以前と同じ雰囲気で聴いてもらえるように努めている。

単に音数だけではなく、ボーカルの裏メロをベースが奏でたりしている。

同じフレーズを何度も弾きたくないと言っていたヤスキチすら、ライオンとは違うフレーズを作り込んでアドリブは封印している。

それでも、よりロック的にならざるえないのは物理的に仕方がない。

あとは、オレしだい……

木曜もヒマ。

しかしながら観光客が道に溢れんばかりのなか、幹線道路も大渋滞で仕事を終えるのは、毎日18時くらいになってしまう。

唯一の楽しみだったプロ野球中継なのに、一番良いところで放送が中断されてムカつく。

ので、早めに寝た。

そして今朝は雨降り。

どうせヒマだろうとファックスを見てみるとビックリ!

いつもなら10個くらいの配達しているオレンジが、今日は150個……

いつもなら2〜3個の日向夏が40個とかキンカンが200粒とか、どないなってるねん!

ありがたい話なんだか、とても一度に配達できる量ではない。

おそらくは週末に花見のイベントでも開催するのだろうが、ここまで平日と週末の格差が開いたのは珍しい。

実際に近年の傾向として、マルシェやフリマなどのイベントが毎週のようにどこかで開催されている。

労力や経費のことを考えると、とても利益がでるとは思えないものの日頃の売上を伸ばしている店は、だいたいが参加したり主催しているようだ。

たしかに従来の周年や誕生日といったイベントは、常連客を対象にしたイベントであり新規の集客は望めない。

店外イベントとなると機材やスタッフの調達から、他店や業者とのミーティングを通して新しい人脈もできる。

見知らぬお客さんとも出会う確率は、同じ店舗営業とはまったく別の集客になる。

今までの飲食店の営業といえば雑誌の取材を受けるだとか、他店にショップカードを置かせてもらうだとか、雑誌やネットのサイトに掲載するという受動態のものばかりだった。

そういう意味では能動的な営業スタイルというのが、今はイベントなのかもしれない。

この様子なら、明日もきっと別の得意先から予想外な大量注文が来るや来るやもしれないので、覚悟だけはしとかねばならない。

だが日曜の休日営業だけは避けたいところ。

持ち寄り花見パーティーを開催する予定を、俺は楽しみにしているのだ。

これは店外イベントながら、飲んだくれの趣味ですがね……

ciao