読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「幸せへのキセキ」

トーリー

半年前に妻を亡くしたベンジャミンは、うまくいかない人生の刷新をはかるべく郊外に家を買うが、物件には閉鎖された動物園がオマケとしてついていた。動物園についての知識や経験は何もないベンジャミンだったが、彼は動物園の再生を決意し、行動を開始する。

出演 マット・デイモンスカーレット・ヨハンソンエル・ファニング

監督 キャメロン・クロウ

嘘のような本当の話。

本作は「喪失から再生」をテーマにしている。

本当、「喪失から再生」って傑作が多い。

如何に妻が将来を見通していたのか、其れが如実に分かる。

様々な動物の面倒を見るのも、並大抵の苦労ではない。

其れを成し遂げようとしていた現実に「生きていくことをもがく大切さ」を教えてくれる。

本作はヒューマンドラマであると同時に、恋愛ものでもあるのだ。

エル・ファニングが妖精のようにとてもチャーミングである。

「20秒の勇気を持て。20秒恥をかくだけでいい」

何て名せりふなんだ。

矢張り、キャメロン・クロウは優れた監督だ。