アニメ「レクリエイターズ」

最近はシーズン直前の予告を吟味して視聴を決めている。今期、一番琴線に触れたのが

この作品。主にキャラクター原案の広江礼威成分を当てにして。原作にも関わっており

(完全新作なのだが)、つまりこれからの展開は広江の頭の中にあるということだ。

第2回まで進んだが、展開が目新しい。フィクションの中へ迷い込む物語はこれまでも

数多くあった。代表的なものは「ネヴァーエンディングストーリー」か。一応このジャンルに

含まれるものの、段違いに異質だった。

通常はフィクションの中へ入り込んであちらのルールに従う。この点が逆転して、

あちらのキャラ達がこちらへ顕現して大暴れ。これだけなら前例はあるが、大量に

出現する架空のキャラ達の出自が問題だ。こちら側のアニメ作家たちが生み出した

者どもに統一観がなく、従っている物理法則もばらばらのようである。印象として

近いのが、マーヴェルのヒーローたちが大集合する一連の劇場作品。それでいて

こちら側の創作物であることの自覚があるキャラクターが珍しい。この設定が今後、

どのように活かされるか、興味を持って観ることにしよう。