オードリー・ヘップバーンさん

今日は、ハリウッドで活躍した女優のオードリー・ヘップバーンさんの誕生日ということで、彼女の似顔絵です。

イギリスで生まれ、米国へ移って活躍の場が広がります。

ローマの休日」でアカデミー主演女優賞を獲得し、「ティファニーで朝食を」、「シャレード」、「マイ・フェア・レディ」なと立て続けにヒットを飛ばします。

まさしくハリウッドの黄金時代のトップスターです。

彼女をスクリーンで初めて見たのは「ローマの休日」でした。

トーリーはお伽話的ですが、あったら面白いねと思わせるもの。そして、最後はちょっと切なくて、映画館から出たときは、悲しい気分ながらも余韻を残します。

当初、この映画のアン王女役は実績のある「エリザベス・テイラー」だったのですが、スクリーンテストを受けに来たヘプバーンを見た監督が一目惚れ、周りの意見を押し切って急遽抜擢したとのことです。

この作品で一気に知名度がアップし、以降の活躍に繋がります。

人を強烈に引き寄せる何かを持ち合わせていたのでしょうね。

もし予定通り、グレゴリー・ペックエリザベス・テイラーの「ローマの休日」ならどうなっていたのか、興味は湧きます。

ヘプバーンの後半生は国際連合児童基金ユニセフ)の活動の日々となり、米国での文民に贈られる最高勲章での「大統領自由勲章」を授与されています。