読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リポビタンDの復活のためには

リポビタンDとくれば、「ファイトー、イッパーツ」と叫んで「男臭い 根性」っぽい感じのするイメージが強かったのですが、大切なのはそのイメージをあっさりと捨ててしまうのではなく、それを活かしながらももっと現代にアレンジし、イケメンの俳優であっても、女性タレントであっても、「ファイトー、イッパーツ」となれるようなイメージ作りをすれば良かったのにと感じました。

どんな人でも「ファイトー、イッパーツ」「頑張れるぞ!」と活力に満ちたイメージ作りを行う姿勢こそリポビタンDの復活につながると感じました・・・

■リポD不振、エナジードリンク人気で CMの絶叫消えた

(朝日新聞デジタル - 05月15日 18:11)

 大正製薬ホールディングスの「リポビタンD」が不振だ。エナジードリンクブームに押され、売り上げはピークの半分以下に。筋肉質の男性が危機的状況を打開するおなじみの「ファイトー、イッパーツ」のCMも、新しい層を取り込もうと、さわやか路線に変化している。

 1962年発売のリポビタンDの売り上げは、2001年3月期の797億円をピークに、17年3月期は372億円に減った。「レッドブル」などのエナジードリンクの人気が続いているからだ。

 「ファイトー」と絶叫するCMは77年に始まった。だが、「汗と筋肉と危機的状況で表現する『がんばり』は時代に合わない」(上原健取締役)と、昨年9月からユーチューバーらがさわやかに「ファイトー」と口にする形に変更した。

 17年3月期の全体の売上高は、リポビタンDの不振などもあり前年比3・6%減の2797億円で3年連続の減収だった。ただ、新CMは好調で、「手応えはある」(取締役)という。