硝子

指先で 君を嗅ぐ

柔肌の琴線に硬い指を這わせ

君の喉奥に響く音なき声に吐息を塗り

その声に色彩を添えていく

僕の匂いか 君の匂い

君の音か 僕の音

君の胎内で ふたつの色を練る

僕と君のすべての色は胎内に注がれて

おひさまが身支度をする頃には

透明なふたつの濡れ硝子になっていた

広告を非表示にする