とても恵まれているように見える人。

海外旅行が趣味で、昨日までは、ヨーロッパで、来週にはオーストラリア。アクティブに海外旅行を堪能する恵まれた年配ののご婦人。毎日忙しく働いても、そんな贅沢な事は一生出来ないのに何で、世の中は不公平だと貴女は思われますか?私が、海外旅行が趣味のご婦人の本当の心を知ったのは知り合ってから一年も経ってからでした。その裕福なご婦人は大切なご子息を21才で亡くしておられて、息子さんが生きていたらしたかったことを、お母さんであるから、息子さんにかわってしているのですと、おっしゃるのです。彼女の描いた風景画は、とても美しいけれど、何処かとても寂しそうです。何処かに息子さんを探している、探しても探しても、もう何処にもいない、大切な息子さん。なんて悲しく寂しいお母さん。その本当の心を知る人は少ないのです。