岐阜観光−4/金公園の「丸窓電車」

「金神社」(こがねじんじゃ)に立ち寄った際、すぐ隣の金公園で保存電車を偶然発見!

調べてみると・・この電車は美濃電気軌道『セミボ510形』電車だった。

美濃電気軌道(美濃電)が1926年に新造。

美濃電が名岐鉄道へ吸収合併された際に車種記号が「セミボ」から「モ」に変更され、『モ510形』と改称。

その後身会社の名古屋鉄道が引き継ぎ、21世紀初頭まで営業運転されていたと言う。

・画像

『モ513』:平成18(2006年)6月より金公園で静態保存中。

戸袋窓が楕円形状の「丸窓」であったことから「丸窓」「丸窓電車」の愛称で親しまれている。

しかし、外装がかなり傷んでおり、このままではかわいそうだ。

沿線住民による「丸窓電車を保存する会」が、修繕費の募金を募っているとの事。

さて、次の観光先は・・

つづく