なまけ者がさとるには?(3)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

 2017年 平成29年 

 6・4(日)

   なまけものがさとるには?(3)

                  

                

 姫野です。

 今日京都は気持ちのよい晴れの一日でした。

 

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 今日僕はお好み焼きとたこ焼きと焼きそば

 のミックス(390円)チキンあぶり焼き

 (280円)みたらし団子(140円)

 ビッグシュークリーム(80円特売)を

 スーパーで買っていただきました。

 「う〜ん、おいしい〜〜〜」

 おいしくいただくのは楽しみのひとつだな〜

 とよく感謝します。

 今京都は

 山吹の花も咲き、風薫る素敵な季節です。

  かへり来ぬ 昔を今と 悔ゆる土手

    そはかりそめの  緑陰の花

  

              修一郎

 (意)

  いや、今日も賀茂川の土手の木陰のベンチに

  しばらく座っていました。

   通り過ぎる、かわいい子供たちや、中学

  高校生をみていると、自分の昔が悔やまれ

  ます。「もっと自由に過ごしたかった」

  「親の顔色を気にして、遊んでいるときも

   心から楽しめなかった自分の少年青年時代」

  というのを想い出して残念に感じます。

  

  まあでも、悔やまれる自分の人生も

  受け入れて生きるのが幸せのコツだな〜

  などとしたり顔で思うのです。

  仏教の智慧の完成の修行のひとつが

  「忍辱」(にんにく)です。

  「忍辱」とは感情を抑え忍ぶ、ということと

   同時に受け入れる・ゆるすという意味があります。

   恨んで、仕返しするという心ではなく

   つらい人生経験も、

   ひどい人と思える人も

   自分の未熟な恥ずかしい経験も

   また自分の中で受入れて流してゆく

   そうした心を養うことです。

   あなたはいかがでしょうか。

 

 さて

 煩悩まみれの愚かななまけ者でも

 幸せになれる道はあるのか。

 というお話の続きです。

 人はいつも明るく笑顔でポジティブに

 生きられる人ばかりではありません。

 たえざる努力や自己改善ができない人も

 当然いるわけです。

 日本は豊かになったとはいえ

 明日の希望など特に持てなくて

 低賃金で重労働のなかで

 楽しみと言えば、酒とギャンブル

 というような方もまたいるでしょう。

 そんな人は価値の低い人間で

 自分は生きていてもしょうがない存在と諦めて

 自己否定感や不安感を抱えて

 この先、生きざるを得ないのでしょうか。

 そんな人は自己責任でそうなのだから

 不幸でも構わないのでしょうか。

 生きるとは何か

 人間の価値とは何か

 人生とは何なのでしょう

 この今の人生で

 煩悩まみれの愚かななまけ者でも

 幸せになれる道はあるのでしょうか。

 僕は思うのです。

 変わらなくていい

 そのままでいい

 あるがままの

 愚かななまけ者でいい

 変われない自分を責めなくていい

 ただ、最低「2つだけ」心がけて欲しい。

 と思うのです。

 幸せを外部に依存しない人が

 不滅の幸せを得ます。

 そのために2つ

 1 自分の内面の愚かさをしっかり見つめる

   自分をまともな常識人と思っているうちは

   幸せにはなりにくいです。

 2 自分の力で生きない

   自分の力だけで生きようとすると

   限界があります。自由にはなれません。

 この2つだけはしっかり自分で心がける。

 それが新たな人生をもたらします。

 長くなります

 2つの内容についてはまた次回に

 あなたはいかがでしょうか

 

 つづく…

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!

 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて

 不幸な人など

 この世にいてよいはずがありません

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。