人のために動く

毎日ブログ生活

133日目

キャッシュフローコーチの

稲垣です。

昨日から出張で

仙台に来ています。

今回は

キャッシュフローコーチの

強化研修会です。

ここ半年で仙台に

足を運んだのが3回。

福島が1回。

すっかり東北出張が

板についてきた感じです。

今回の研修ですが

3月ごとに会員が集まり

コンサル力の

強化を図っています。

4月と10月は

日本キャッシュフローコーチ協会が

主催となり準備を進めていますが、

1月と今回の7月は

キャッシュフローコーチ会員自らが

準備とアテンドを行います。

今年1月は横浜で開催。

横浜チームの力で

過去最高と言わしめた

研修会が開催されました。

今回は東北チームの面が

様な準備をして

くださっています。

今回は一泊二日の合宿形式です

この強化研修の準備ですが

協会から報酬等は

一切出ません。

忙しい時間を縫って

それぞれが準備をしています。

ではなぜ無報酬に関わらず

貴重な時間を使って

会員のために準備を

してくれるのでしょうか。

それは相手の喜ぶ顔が

見られるからです。

人は相手の事を想い

行動すると

いつも以上に

パワーが発揮されます。

自分の利益ばかり

優先していると

限界がすぐにあらわれます。

しかし、不思議なことに

人のことを想い行動すると

自分の限界を

超えることが出来ます。

ここに経営のヒントがあります。

自社のミッションやビジョン、

自分目線になっていませんか。

例えば

売上パーセント増

契約件数件。

など。

これはミッションやビジョンではなく

あくまでも目標です。

ビジョンやミッションは

自分が関わることにより

他の人が、周りの人が

どう変われるかを

示したものとなります。

例えば

自社の商品を通して

社会にワクワクや感動を与え

コミュニケーションの

活性化を図る

のように人にどれだけの

影響を与えることが

出来るかを示すものです。

実はこの他にも

得られることがあります。

それは自分の成長です。

何かのイベントを行うと

その段取り力が問われます。

もちろんすべての事を

自分一人ではできませんので

他の人に力を借ります。

組織として、どう人に

動いてもらうかという

マネージメント力が付きます。

そして自分が何が得意で

何が不得意かを

あらためて認識する

ことが出来ます。

目的はあくまで

人を喜ばせる

ところにあります。

しかし、それ以外に

無意識的に自分を成長させる

ことができるのです。

このお話が経営の何か

ヒントになることを願っています。

本日はここまで。

お忙しいところ

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

経営のこと、

お困りのことがございましたら

下記までご連絡ください。

045-323-9590

yoshikiiinagaki-ctacom