やりたいことはいつもいっぱいあったのに

乃木坂46の新しいシングルが出ましたね。

逃げ水

このCDで一番良かったのはtype-Aのジャケ写です。

この写真だけでお腹いっぱい。大満足。

逆にこれを超えてくれるものが今回のCDにはまったく無くて残念でした。

実は名前はよく知らない3期生のWセンターらしいけど、そんな事はどうでもいいくらい素晴らしい写真ですね。

欲を言うなら背景も欲しかった。

しかしそんな事が帳消しになるくらいな問題がありましたよ。

PVが酷い。

なにあれ?

びっくりするぐらい駄作ですね。

やっちまったよ。

曲と詞で逃げ水のストーリーを成してるのに、なんでもうひとつ物語をぶち込むのか分からん。監督アホなの?

こっちはそんな事を望んでんじゃないよ。

乃木坂の悪いとこが出ちまったよ。

俺はただ逃げ水のPVが観たいんだ。

ジャケ写そのままにPVを作ってくれたらどれだけ良かったか。

今までも訳分からんPVはけっこうあったけど今回特に酷い。

2曲目のPVもAKBがやるようなネタを乃木坂に持ってきててぜんぜん魅力的じゃないし。

欅のPVがダンスメインから作られてるのに対して乃木坂は変な宗教を見せられてるようだ。

もしこのPVに何か深い意図があるとしても容認できないよね。

1番のサビの一番良いとこでの齋藤飛鳥の謎の踊りは観てて痛しすぎるわ。

あくまでも全て個人的意見だけど、あれはちょっとねー

PVと言えば、

ケミカルブラザーズの名PVStarGuitarのように、曲と映像がシンクロするような素晴らしいのとまではいかないが、せめて真夏の焼ける太陽の下で逃げ水を追い掛けるフレッシュなセンター2人を観たかったよ。

ケミカルブラザーズのStarGuitarは、曲に合わせて車窓から見える景色の全てが計算されてる傑作。

スピード、建物の形、高さ、色、そして曲が合わさった歴史的傑作。

こっちの方がつまらんって言われそうだけど(笑)

逃げ水で唯一救いと言うかびっくりしたのが、冒頭から出てきた1人の女性。

緒川たまきの出演でした。

まさかこんなとこで乃木坂と共演してるなんて

20年前大好きだった緒川たまきの写真集は今も大事に持っている逃げ水のような思い出。

ねこねこインターネット携帯からの投稿