スキーに行ってきました

皆様こんにちは。お元気でしたか?

今回のかおちゃんブログは軽いメニューとなっております。毎回ヘビーでは読者の皆さんもどんよりしてしまいますからね。ご安心を、まだまだ暗いネタも持っております。またその時がきたら暴露いたしましょう。

昨日4年ぶりにスキーに行ってきました。転ばないでかろうじて滑れるくらいなので年間スキーパスも買わないしギアも持っていないので、行こうとするとかなり割高になってしまうということもあり行くのをためらっていました。しかし、もしかすると来年にはオーストラリアに移住してしまう可能性もあるので、地元のスキー場は全て行っておきたいということで大枚をはたいて行ってまいりました。

ちなみにリフト券が半日券で89ドル、ギアレンタルが27ドルインターネットで安いチケットを購入、ウェアレンタル30ドル友達のお店で10パーセントオフ、普通に借りたらもっとするでしょう、バス代往復20ドルです。これにお弁当をもっていかなければご飯を買ったりお酒を飲んだりで200ドルくらいしますね。ひゃー、恐ろしい。

気づき一つ目バス酔いする人は気を付けて

というのも行きのバスの中ですぐさまバス酔いになった私。スキー場に着くまでがくねくねロードだったというのもありますが、バスのにおいが物凄い。なんだかみんな二日酔いなの?というくらい臭い。しかも隣のお姉ちゃんもすごいきつい化学製品のにおいがしてダブルパンチでノックアウトされた私。たぶん化粧品やら整髪剤やらいろんなにおいがミックス

都会の人は毎日こういう思いをして会社に行っているんですかね。車社会に慣れてきますと電車とかバスとか密閉された空間を他人と共有するのに違和感を覚えるようになってしまいました。贅沢な悩みでほんとすみません。

リフト券が午後券で始まるまで時間があったので、とりあえず酔いを治すためビールを買ってのんびりしていました。このままビール飲んで雪山を見ながらぼーっとしてもいいなあ、隣で編み物をしているおばちゃんもいるし、、、と自堕落な考えに陥りそうになりましたが、友達が登場したので逃げるわけにもいきません。しかもジェイ君の声であんなにお金使ったのに香織はなにやってるんだ!という罵声がどこからともなく聞こえてきたので張り切って雪山を目指すことにしました。

気づき二つ目コースをよく勉強してから滑ろう。

何の下調べもしないで友達とリフトに乗って頂上まで到着。滑るのが遅いので香織ちゃん先行っていいよと言われ、何にもサインを見ないで滑って行ってしまったらそこはアドバンスコースでした!

傾斜をみて呆然。明らかに自分の限界を超えている。しばらく思考停止した後、しょうがないのでスキーを外して担いで端っこを歩いて下りました。友達はそれをリフトの上から見ていたらしい。どんな思いで見ていたんだろう、、、かっこ悪い友達でごめんよ。

アメリカではもうちょっとわかりやすくサインがあったとかあーだこーだ弁解をしましたが、自分が調べていかないのが悪いですね。

天気は最高!

気づき3つ目ダウンヒルスキーは私には向いていないのでは。

とりあえずスノーボードの音がとても怖い。絶えず恐怖心にさらされながら滑っている。一番楽しいのはリフトの乗っている際うまい人がジャンプしたり技を披露しているのを見ている時かもしれない。

あとはゆるーい傾斜のところで景色を見ながら滑るのは楽しい。スピード感を楽しめないのならダウンヒルはやるな!って話ですね。

アメリカでクロスカントリーをして、最後に山の中にある温泉に入ったのは楽しかったな。斜面に鹿の大群がいたっけ。帰りに車が雪で動かなくなって、夜近隣の人に助けを求めに行ったとき銃で撃たれるんじゃないかって怖かったなあ。ハロウィンの時に撃たれた方がいましたよね

気づき4つめヘルメットしていても怪我はするよ。

怪我というほどではないのですが、転んだ際に首を打ったみたいです。コキンという小さな音が首からしました。今日は右側の首から肩にかけてが痛いです。まあたいしたことはなさそうなので大丈夫でしょう。

こういうところをジャンプしたら気持ちいいんだろうなあ

こんなへなちょこな私ですから、もちろん最初自分からスキーをやろうと思い立ったのではありません。私の学校は私立の中高一貫校で中学校の際長野にスキー合宿があったんですね。全員強制的に行かされたのだと記憶しています。

運動神経が悪いものの、そのスキー合宿で頑張ったおかげで少しは滑れるようになりカナダでもアメリカでもちょこちょこ楽しむことはできました。学校も少しはいいことしてくれます。学校で行かされていなかったら、自発的にやってみようとはまず思わなかったでしょう。

今日は私のスキー記録というオチのない話題になってしまいました。いろいろ一週間のうちにあれも書こう、これも書こうと思っているのですがジェイ君にブログを書くのは一週間に一回だよ!と決められてしまったのでその時の気分次第ということになります。

その代わりといっては何ですが、今日私が見たTEDいろんな人が面白いスピーチをしている非営利団体をご紹介します。

三つとも英語のスピーチですがとても勉強になるプログラムで、しかも一回のスピーチが短いので飽きることもありません。選択すれば日本語訳も見ることができます。のところを選択すると日本語訳が選べます

私もいつかこんな場所で何か発表できるといいな。日本でも各地で行われているようです。

1SanguDelleThereisnoshameintakingcareofyourmentalhealth

2CarriePoppyAapproachtothe

超自然現象に科学的なアプローチを、という題名です。

私は当初日本での精神病院期間を終えてからも自分は何かにとり憑かれていたんだ、これは一時的なものなんだと思っていました。非科学的な思い込みなんですが、2回目のニュージーランドでの入院をして正しい診断を下されるまで自分は病人ではないと思っていたんです。

思い込みって怖いです。ありとあらゆる宗教が然り、エセ科学のようなものも然り、本当に気をつけなければならないと思います。

科学は万能ではありませんが、科学のすごいところはだれがやっても同じ結果が出ることです。どんなに信じていたって地球は平らではないし、重力に反して飛ぶことはできません。科学は突っ走った考え方にブレーキをかけてくれます。

3ParagKhannaHowarechangingthemapoftheworld

ちょっと難しい内容だったんですが、超巨大都市がいかに世界を変えていくか、という内容でした。

私はこれを聞くまで大都市は悪いもの個人的に都会が嫌いなこともあって、という固定観念がありました。でも彼は世界の大都市をネットワークインフラ、デジタルを含めてをつなぐことによって、国と国との軋轢を減らし資源を分散することによって人の平等さも生まれてくると。都市の人は公共の交通システムを使うから二酸化炭素の排出量も抑えられると。

まだこのテーマについては自分なりに勉強する必要がありますが、いろんなアイデアを持った人たちが共通のゴール、持続可能な地球の環境づくり、を目指すことには大いに意味があると思います。

世界にはいろんな素晴らしい人たちがいて、いろんなアイデアを共有し社会をよくしていこうとしている。インターネットで情報の共有ができる素晴らしい時代になりました。嫌なニュースもいっぱいあるけれど、自分のできるところから社会に貢献できるように無理をせずやっていきたいものです。

またまた長くなってしまいました。いつもお読みいただきありがとうございます。もしよろしければいいね!ボタンを押していただけるとフェイスブックのほうでもブログのほうでも書くことの励みになりますのでよろしくお願いいたします。自分がこんなにいいね!ボタンをチェックするようになるとは思いもしませんでした。人間ってやっぱり自己顕示欲の塊なんでしょうか???

ではでは皆さん、また来週。良い一週間になりますように